本校の概要 愛知県立岡崎北高等学校

学校の沿革

明治40年 額田郡岡崎町大字門前に随念寺を仮校舎として
岡崎町立高等女学校を開設
明治42年 岡崎町大字六供の旧岡崎高等小学校校舎に移転
大正5年 市制施行により岡崎市立高等女学校と改称
昭和20年 戦災で校舎全焼
昭和23年 新校舎竣工
学制改革により岡崎市立高等学校となる
(全日制 普・家・商の総合、男女共学、定時制)
昭和26年 校歌制定 (作詞 畔柳 稔、作曲 中田喜直)
昭和27年 県立移管により、愛知県立岡崎北高等学校となる
昭和30年 岡崎市石神町(現在地)に新築移転
昭和32・33年 高校女子バレー国民体育大会で2年連続全国2位となる
昭和41年 体育施設優良校として愛知県表彰を受ける
保健体育優良校として全国表彰を受ける
昭和42年 創立60周年記念式典挙行 60周年記念体育大会を挙行
昭和48年 学校群制度が導入される
昭和52年 創立70周年記念式典挙行 本館前庭設置
昭和62年 創立80周年記念式典挙行 本館北中庭設置、
甲山会館記念樹木(旧女学校跡)移植、80年史発行
平成元年 学校群制度が廃止され、複合選抜制度となる
平成9年 創立90周年記念式典挙行 校門石柱と庭造成
平成18年 空調機全普通教室に設置完了
平成19年 創立100周年記念式典挙行
正門周辺環境整備事業完成
平成20年 普通科にコスモサイエンスコース設置
平成27年 中央校舎、図書館棟完成
平成29年  創立110周年記念

このページのTOPへ