校長あいさつ 愛知県立岡崎北高等学校

校長あいさつ

「教育は自分の人生を変える」

校長  磯谷 和明

本校ホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
本校は明治40年、門前町の随念寺境内を仮校舎に岡崎町立高等女学校として開校しました。その後幾多の変遷を経て今日に至り、今年で創立110年目を迎える西三河有数の伝統ある学校です。その間、多くの有為な人材を輩出し、32,000人を超える卒業生が国内外の各地、各分野の第一線で活躍しています。県内有数の広大なキャンパスをもち、緑あふれる恵まれた環境のもと、次世代を担う生徒たちが、大きな志を抱き、自らを鍛え、確かな学力と社会規範を身につけ、自己の進路希望実現を目指して活力ある学校生活を送っています。

本校は、「教育は自分の人生を変える」との共通理解のもと、「制服文化の学校」「凡事徹底文化の学校」「少なくとも勉強、部活動、学校行事の三兎を追う文化の学校」を目指します。これからのグローバル化が進み、変化の激しい世界で生き抜くための基盤となる力をつけてくれるのは、教育であり、自ら学ぶ力です。そのためにも、毎日の「小さな努力の積み重ね」を大切にしています。凡事を徹底するとは、授業・家庭学習にしっかり取り組む、制服をきちんと着こなす、ルール・マナーをしっかり守る、時間を守る、さわやかに挨拶する、といった平凡で当たり前のことを、当たり前のこととしてやりきるということです。そして、凡事徹底の習慣を身につけることによって、自分の当たり前のレベルを向上させ、自分の人生を変えていくきっかけとすることを期待しています。

本校生徒が将来競い合うことになるであろう人たちは、国内に限らず、アジアの留学生などをはじめとした外国の人たちが多く含まれ、優秀な人材ばかりです。高い目標を持ち、勉強、部活動、学校行事の三つなどをバランス良くやりきることで人間としての魅力を高め、その器や能力を大きくさせることになると考えます。

今後も、生徒・保護者・地域から信頼され愛される学校、さらに卒業生が母校として一生誇りに思える学校づくりを教職員一丸となって取り組み、進めていきます。各方面の皆様の変わらぬご支援とご協力をお願いいたします。

本校の伝統を受け継ぎ発展させていく意欲にあふれた皆さんをお待ちしています。

                         (平成29年6月)

このページのTOPへ